【2015年8月開講】オオニシ恭子先生による『自分食』<臨時開催・特別コース><基本コース>薬膳教室開講

公開日: : 最終更新日:2015/06/03 La Carpe Kitchen (ラキャルプ・キッチン), イベント, 薬膳

 

ヨーロッパを拠点に約32年もの間、日本の薬膳を伝えてきた食のエキスパート、オオニシ恭子先生による

健康で美しい心と体をつくるために大切な薬膳食を学ぶ『入門コース』『基本コース』講座が2015年8月開講。

 

食べることは私たちの命をつなぐこと。 

 

食べ物は私たちの健康な身体をつくり、心を強くします。

しかし、日々のストレスや疲労、偏った食生活など様々な理由によって私たちは不調を訴え、その不調が

身体に現れます。不調を単に「老化」や「疲労」、「肌トラブル」として簡単に

片づけていませんか?原因は何だろう? 健康に気を使っているつもりなのに、

運動をしているのに、睡眠をとっているのに…どうしてだろう?

オオニシ恭子先生が不調のサインが身体や顔にどのように現れ、

その症状に合わせてどのような食材を取ることで解決できるのか、

食への意識を変えることで誰もが健康を手に入れるための方法をわかりやすくお話しします。

 

image1

■オオニシ恭子のやまと薬膳<自分食>【臨時開催】特別コース 全1回(2時間 ※テキスト、食事つき)

8月30日(日)16時~18時 10000円(税抜)※オーガニック薬膳食つき

テーマ:アンチエイジング食

ご好評につき、急遽本テーマのクラスを臨時開催することになりました。

女性と男性の違いとスローエイジング法についてオオニシ先生に解説いただきます。

 

 

■オオニシ恭子のやまと薬膳<自分食>基本コース 全6回(7時間 ※食事つき)

★基本コースは満席となりました。(次の基本コースは10月~開催します)

日食の見直し/何を食べればよいのか 現代食の事情、避けなければけないこと。栄養素の確認 8月29日(土)15時~18時30分
陰陽から食の方程 物事、現象、季節,時間の見方の基本
食の方程式 食の見方,野菜の見方1−7
食の方程式 I 体質のチェックと食物の摂り方1-7 8月30日(日)
食の方程式 III 調味量、料理法の1−7 10時~13時30分
食の実際 食材の組み合わせ、塩分,調味料の分量計算の実際

全6回 2日間(土日)集中コース 18000円(税抜)

※テキスト、オーガニック薬膳食、お土産付き ※1日のみの場合は10000円(税抜)

1日目:8月29日(土)15時~18時30分

2日目:8月30日(日)10時~13時30分

★基本コースは満席となりました。(次の基本コースは10月~開催します)

 

2014.12_2日目⑥

※2015年開催基礎コースクラスにて

 

——–【★お申込み方法★】—————————————————————————

下記の方法でお申込みください。折り返しご連絡差し上げます。

◎メールでのお申込み info@lacarpe.jp

◎お電話でのお申込み 03-3497-8776

株式会社ラキャルプ 担当/新井・添田

※受講料は事前に銀行振込となります。

※受講料は前日のキャンセルは50%、当日のキャンセルは100%お支払いただきます。ご了承ください。

 

——–【★オオニシ恭子先生プロフィール★】—————————————————————————

オオニシ先生

20代後半、新時代を担う新進インテリアデザイナーとして嘱望されるが、1970年のオイルショックの頃

あらためて資源について考えさせられるとともに、自身のひどい手荒れをきっかけに食養法に出会う。

桜沢リマ氏に師事。食は環境を摂取することであり、環境に適応して生きていくことが基本であることを認識。

1981年渡欧。以来31年、東洋的食養法を基本としながらも欧州における素材と環境を取り入れた食養法を研究。

個々の生活と体質を見ながら、その環境に適応する食事法「ヨーロッパ薬膳」を指導。ベルギー、オランダ、

フランスで定期の料理講習を行うほか、活発に講演会、食のアドバイス、女性の健康セミナーなどを行う。

2004年パリでNPO団体「J.O.Y.plus Paris」を立ち上げ、更なる食育活動に努める。

2013年1月より奈良・初瀬の地に移住し「やまと薬膳」の活動を開始する。

著書に「ヨーロッパ薬膳 すてきな自然の贈り物」(神戸新聞総合出版センター)、

「滋養ポタージュで始める ヨーロッパ薬膳」(講談社)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑